お酢が健康に役立つ理由と成分の特徴について

お酢

お酢は私達にとって、身近な調味料として馴染みが深いですよね。

 

ただ、お酢は調味料としてだけでなく、健康や美容の分野にまで役立つ健康食品としての側面を持っていることが注目されています。

 

お酢の特徴〜基礎知識

お酢は糖を含む食品を原料として、醗酵させた調味料です。
その種類は現在、食酢を大元とし、醸造酢、合成酢、穀物酢、果実酢に大きく分類されています。

 

代表的な特徴としては、防腐作用、抗菌作用といった働きがあり、食べ物を痛みにくくするのにも役立ちます。
お弁当などにも酢のものが入れられることが多いのは防腐作用が高いためと言われています。

 

酢を使用している食材でもあるマヨネーズが保存料を使わないでも長持ちするのは原料にお酢を使用していることで防腐の役割を果たしているためです。

 

お酢の健康に役立つ働き

お酢は研究結果などで様々な健康に役立つ有用性が確認されている調味料でもあります。

 

トイレのスッキリしないお悩みの方に役立つ働き

お酢には胃酸の分泌を促す作用があり、胃腸を刺激して、ぜん動運動を活発にする、さらに腸内の善玉菌を増やすといった働きにも関わっています。

 

元気の源になる栄養

お酢と糖分を一緒に摂ることで、グリコーゲンの補給になり、頑張り時のエネルギー補給にも役立ちます。

 

スッキリした体作りを頑張る方に嬉しい働き

お酢には内臓脂肪を減らす働きがあることがわかっていること、さらに酢酸によるエネルギーの燃焼、アミノ酸による脂肪分解といった運動を頑張る方にとっては摂りたい栄養、成分が含まれることがわかっています。

 

血行に関する働き

お酢には血行の巡りをサポートする働きが高く、血液をサラサラにする働きなど高血圧の方にも勧められることが多いです。
また、血行が良くなることは、健康的な肌を作る上でも重要で、老廃物の排出など冷え対策でも活躍してくれる調味料です。

 

お酢と飲む時の注意点と飲みやすいお酢の種類

お酢を健康のために飲もうとする場合、いくつかの注意点があります。

 

お酢の濃度をチェック

そのまま飲めるドリンクタイプのお酢は良いですが、濃度を薄めて飲む希釈が必要なお酢や食用酢を薄めて飲む場合などはそのまま飲むことは食道や胃などに刺激となりますので、注意が必要です。

 

胃腸が弱い方は少しの量から始める

ご家族でお酢を飲もうと考えている方の場合、小さなお子さんや胃腸が弱い方などは、少量から始める、もしくは他の飲みモノと割って飲むことで飲みやすくなりますし、負担が少なくなります。

 

空腹時は避ける

空腹時は胃を痛めてしまう可能性があるので、食事中や食後に飲むことで、胃への負担を減らすことも大切です。

 

過剰摂取に注意

健康に良いお酢ですが、摂りすぎは体に悪影響です。
1日の摂取量を守り、少しづつでも毎日続けることが大切です。

 

飲みやすいお酢の種類

お酢を飲む場合にはドリンク用が飲みやすいです。
特に果実酢などは、小さなお子さんでも飲みやすく、自然の甘みを感じられるため、続けやすいです。
他にも牛乳と一緒に飲むことで、カルシウムの吸収をスムーズにしてくれるので、成長期のお子さんにもおすすめです。

 

毎日続けるなら黒酢もおすすめ!

アミノ酸量も豊富でビタミン、ミネラルまで含んでいる黒酢はドリンクでもおすすめです。
飲むのが苦手という方はサプリメントで摂るのも手軽で良いですね。

 

女性の愛用者が多いおすすめの黒酢サプリ

 

お酢,健康,理由,成分,特徴